長年の趣味

 

具体的に言うと、自分自身がやってきた長年の趣味や、長年自分自身のそばに置いて愛用してきた物をあちこちに多用した自分流の葬儀スタイルにしたり、大好きなアーティストの音楽や室内装飾などで葬儀会場を明るく演出したりして、長きに渡る我が人生における最後の節目としての生前葬を、自らの考えや手によってアレンジし、プロデュースできるということなのであります。

ハッキリ言いまして、生前葬はまだまだ一般社会に浸透しているとは言えないし、生前葬という言葉自体を知らない方々も世の中にはたくさんいらっしゃるわけですから、いざ現実として生前葬を行う際には、生前葬に来ていただく予定である招待者へのわかりやすい説明や徹底した配慮が必要なのです。

だいたい基本的に、ご本人様が亡くなる前、ご本人様がまだご存命でご健在なウチから、世間様がサッパリ耳慣れないお葬式スタイルである生前葬を敢行しようとしているわけですよね?

いわばご本人様にとって、人生終盤における、人生最後のチャレンジと言えるような試みと言っても、決して過言ではありますまい。

だから、生前葬というお葬式スタイル自体を招待者にちゃんと理解してもらうのはもちろんのこと、生前葬における服装の種類や香典の有無はどうすればいいのか?など、生前葬への招待状には、招待される側があれこれと困惑しなくて済むように、具体的な生前葬に関する説明や情報をふんだんに盛り込んでおくのが段取りとしてよいのではないでしょうかね?

葬儀激安

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です